1. 花まる学習会>
  2. 花まるとは

花まる学習会の理念

将来「魅力的な人、そしてメシが食える大人」

20代の頃予備校で、大学受験を目指す高校生を指導している頃でした。どうしても伸びない子に、ある類型があることに気づきました。兄弟で言えばどちらかというと長子が多かったのですが、要領の良い弟妹との比較の中で保護者にダメ扱いされたり、いやなお稽古事を無理矢理やらされた記憶を持っている。指示すれば何でも素直にやるのだが「自分はこれがやりたい」という意欲・意志が感じられない。計算は早いのだが問題意識が低く、ちょっとした応用・考える問題になると思考が停止してしまう。これで彼らは、自立して生きていけるのかと不安を感じました。

その後幼稚園児から大学院生まで全ての学年の子どもを指導する経験を通じて、そのような学習への心理的な型の大半が、小学校低学年時代までに形成されるという確信を得ました。そこで'93年に、機械的な計算力指導をもって幼児の学習指導とうたう既存の塾へのアンチテーゼとして、思考力・国語力が中心で、学ぶ意欲を伸ばす低学年向け教室を開きました。これが現在の花まる学習会です。20数名で船出し、現在では在籍者は16,000名を超えました。

3年生までは、幼児の本質を見すえて、一斉で群れになるからこそやる気を引き出せる、暗唱・ゲーム性などを積極的に取り入れ「学ぶ楽しさ」を育むことに、また4年生以降は、じっくり考える本格的な思考問題を中心に、語彙などの知識ノート、できなかった問題をそのままにしないことを目的とした宿題ノートの作り方など、「学習の仕方」を身につけることに、それぞれ重点を置いて指導します。
  思考力・作文・文章題といった手のかかる分野こそを扱いながら、学ぶ楽しさ、考える面白さ、大自然の不思議を伝え、子どもたちがそれらの喜びをバネに学習の良き習慣と正しい学習の仕方を身につけていくこと。それが花まる学習会の目指すことです。

花まる学習会代表 高濱 正伸

『幼児の特性』を活かした授業スタイル

『幼児の特性』を活かした授業スタイル

子どもの特性を「時間軸」で考える

子育ては「赤い箱(おたまじゃくしの時代)」と「青い箱(若いカエルの時代)」の2つの箱で対応を変えるとうまくいきます。

子どもの特性を「時間軸」で考える

子どもは落ち着かない生きものです。

花まるでは「静かに」「じっとしなさい」という言葉を子どもたちに使いません。幼児は、大人とはまったく違う生き物です。例えて言うなら、カエルとオタマジャクシくらいの差です。5歳の我が子に向かって「もう、何回言ったらわかるのよ!」とキレる光景や、「うちの子本当に落ち着きがなくって」という相談はよくありますが、それは「なんでお母さんみたいに、陸に上がってピョンピョン飛べないの」とオタマジャクシに言うのと同じこと。本当に意味がない話なのです。

子どもとは、「やかましい」「落ち着きがない」「計画性がない」「反省しない」生き物。彼らは過去の経験がないので、未来は見通せませんから、反省はしませんし、計画も立てません。

また幼児の心臓は、体の大きさに比べて小さく、拍動だけでは脳まで血流を十分に送ることができません。手足を動かすことでポンプの役割を果たして、懸命に脳に酸素を送り出そうとしているのです。つまり、幼児に「静かに黙って」などと言うと、彼らは眠たくて仕方がなくなるものなのです。

花まる学習会の授業スタイルはそんな幼児の特性を活かした授業を行っています。みんなで一斉発声するから四字熟語もあっという間に覚えてしまう。みんなで体を動かして「イェイ!」「出来たー!」と声を出すから楽しい。新しいことが大好きで、次々とチャレンジする意欲の芽を持つ子どもたちに、「勉強することって楽しいな!好きだな!」と思える授業を花まる学習会は常に提供し続けています。

思考の壁を乗り越える『算数脳』

思考の壁を乗り越える『算数脳』

『算数脳』に必要な2つの力 詰める力,見える力 見える力

空間認識力

頭の中で自在に立体を動かせる力。

紙の上に描かれた立体を、頭の中だけで自由自在にクルクル動かしたり、手で触れられるようなリアルな3D映像として思い浮かべ、操ることが出来る力。
算数に限らず、理科の天文の勉強などにも空間認識力は必要になります。
体を使って思い切り外遊びをした子ほど、身につく力です。

図形センス

見えないものが見える力。

図形問題が出題されたとき、そこには書かれていない補助線がパッと浮かんだり、必要な線だけが選択的に見える力。

図形センスがある子は、定理を習っただけで見えなくてはいけない図形と補助線が選択的に浮きだって見え、解くことができます

試行錯誤力

手を動かしてあれこれ試す力。

戸惑ったらとにかく手を動かし、図形や絵を描くことで具体的なイメージから問題を解決しようとする力。図や絵を描いてみたり、数字を代入してみたり、表にしてみたり…「手を動かしながら」考えることがポイント。

発見力

「!」と思いつくことができる力。

いままで習ったことや、知っていることにとらわれない、独創的な考えを生み出す力。

この力のある子は、複雑な図形問題などに向かい合った際も、「普段こうだ」という既成の枠をはずして考えることができ、柔軟な発想力で答えを見つけることができます。

 

詰める力

論理性

筋の通った論理的な思考ができる力。

解答までのアプローチを順序よく、理詰めで考えることができる力。文章題や国語の長文問題では、論理的破綻がないように考える、解答する力が必要です。論理力を鍛えるためには、家族で交わされる会話も大切です。

要約力

何が書いてあるかを捉える力。

問題文のポイントを見抜き、問われている内容を一文に煎じ詰めてしまう力。 問題というのはすべて出題者との対話です。「結局のところ、出題者や作者の言いたいことは何か」という視点をもち、他の情報に惑わされず、言いたい事や問われていることをきちんと抜き出せるかがポイント。

精読力

一字一句じっくり読める力。

特に文章題において、文中に隠されてある問題を解くヒントを読み落とさない力。

この力がないと、じっくり集中して文を読み取っていくことができないため、漫然と文章を読むことになり、必要な情報や大切な言葉を読み落としてしまい、長文問題・文章問題が不得手になりかねません。

意志力

自分で解くことにこだわる力。

問題を解くために粘り強く、最後まで諦めない。やる気の炎を消さずにやり通す力。

言い換えれば「執念」「しつこさ」「こだわり」とも言い換えられるもの。「自分で考え、最後までやり遂げたい」という強い意志をもてると、やり遂げたときに大きな喜びとなって返ってきます。また、意志力のある子は、人生を生きる力も強くなります。

 

遊ぶ力

イメージが見えて、詰めている中で、例えば「あれ?これだと周り道になっちゃうかな」と感じた瞬間にスッと自分のこだわりから離れられる柔軟さ。この、自分を俯瞰する位置からいつも眺めていて、フレキシブルに道筋を変更できる能力というのは、思考力の重要な柱だと考えています。別解を楽しめる子は最高レベルの能力がある子ですが、そこでもこの、やわらかく最善の道にいつでもスイッチできるセンスがものを言っています。ハンドルのあそびに近いかもしれません。キツキツこだわらないで、自己をモニターし柔軟でいられる頭脳です。

 

親も学ぶ『講演会』

親も学ぶ『講演会』

~親が幸せであることが、子どもたちの後伸びの秘訣~

東大生にとったアンケートで、「お母さんがいつもニコニコしていた」という結果が出ています。

子どもたちが誰よりも一番褒められたい、認められたいと願っているのは「お母さん」です。

しかし子育てに悩みは尽きないもの。気づけば毎日、「何回言ったら分かるの!?」「本当に習ったことを分かっているの?」と怒ってばかりになっていないでしょうか。

わが子を誰よりも愛するが故に、子どもの欠点ばかりが目についてしまう。

子どもたちを笑顔にするには、まずお母さんに笑顔になってもらうこと。

子育てに悩む全ての方に、少しでも楽な気持ちになってほしい、笑顔になってほしいという想いで、保護者向けの講演会・勉強会を開催しています。

1.年間200以上の子育て講演会、保護者会を開催。

毎回、笑いあり、涙ありで好評をいただいています。
「もやもやしていたものが、すっきりしました。」
「みんな悩んでいることは同じなのだと安心しました。」
 花まるグループ会員以外の方もお聴きいただけるものが多数ございます!
 ぜひお申込みください。

講演会情報はこちら→

2.花まるメソッド勉強会

幼児期だからこそ伸びる力を最大限に伸ばす「花まるメソッド」にもとづく実際の授業を保護者の方にも体験していただきながら、子育ての声かけにも応用できる実践的な勉強会です。

花まるは勉強を教えるだけではなく、全力で子育てを応援します!

メソッド勉強会

1日1ページの『積み重ね』

1日1ページの『積み重ね』

 

高学年になって伸び悩みに直面する子たちに共通するのが、家庭学習習慣のなさです。

低学年は体験と遊びこそが重要な時代ですが、一歩間違う とただの放任になり、机の上は物置で宿題をやらせるのにすら親子喧嘩などという状態につながりかねません。

寝る前の歯磨きやトイレのように、ごく当たり前に学習を習慣づけてあげることが、どんなに子どもの将来の力になることでしょう。

花まる学習会では、「1日10分の花まるタイム」を実行してもらえるよう課題を出しています。

遊び中心の日課の中に、たった10分のけじめある時間を作ってもらいたいと思います。

また、昨日の自分より今日伸びることに比較の基準を置き、いたずらに友人との競争に走ってやる気をなくしたりしない、真の「成長する喜び」を実 感してもらえるシステムになっています。

読書や作文や図形のセンスの学習なども楽しくにぎやかに進めます。

『遊びきる』実体験

『遊びきる』実体験

大成した人物に共通するのは、実体験の豊富さです。

子どもたちが、家の中に閉じこもってテレビやゲームなどの疑似体験に時間を費やしているのは、とてももったいなく見えます。

幼ければ幼いほど、モノそのものに触れること、とりわけ大自然の厳しさ美しさ多様さなどを実感することが、思考力の礎となり人としての器量を作る のだと思います。

夏はホタルや満点の星の観察、沖縄の島でのダイビング、10mの崖を登るロッククライミング、山の清流での川遊びなどのサマースクール。

冬は新潟でかまくらを作って中でお餅を焼いて食べたりスキーをする雪国スクール、春秋はそば打ち体験や親子海釣り、火起こし・テント泊体験など、 過去20年で34,000人を引率し、他の追随を許さぬ豊富な年間体験教室を提供し続けてい
ます。

 

詳しくは野外体験ページヘ→