1. 花まる学習会>
  2. 子どもの作文集>
  3. 1年生

子どもの作文集

 花まるもらったらあたたかい 一年 男子

花まるもらったらあたたかい。  
だって、花がふわふわしていてとてもあたたかい。  
こころのそこからあたたかい。  
そして、めずらしいからあたたかい。  
だから、めずらしいものもらったらうれしいし、あたたかい。  
さけびそうになるほどあたたかい。  
めちゃくちゃあたたかい。  
わすれられないほどあたたかい。  
すっごくあたたかい。  
足のつま先の先から、あたまのかみのけまであたたかい。  
ゆめを見てるときよりもすっごくあたたかい。  
おふろに入るときよりもものすごくあたたかい。  
ほんとうにあたたかい。  
おでんたべてるときよりもあたたかい。  
ラーメンたべてるときよりも、すごくあたたかい。  
  
みんながえがおであたたかい。  

おかしないもうと 一年 女子

 花まるにいくために、いえでじゅんびをしていたら、いもうとがれいぞうこのまえで、なにかこそこそしていてなかなかしゅっぱつできませんでした。でん車にのっていたら、いつおのように、おなかがすきました。わたしは、おかあさんに
「なにかかしある?」
ときいたら、いもうとがバックからラップにつつんだ、ミニトマトをだしました。わたしは、びっくりしてわらってしまいました。いつも、花まるにいくとちゅうおねえちゃんが、おなかがすくから、もってきてくれたみたいです。ほんとうは、おかしのほうがよかったけど、わたしのために、ミニトマトをもってきてくれてうれしかったです。わたしは、いもうとに、
「すこしやさしくしてあげようかなぁ」と思いました。

うまれたよ 一年 女子

 6年まえ、わたしが、うまれたとき、おかあさんは、ないて、おとうさんは、おおよろこびをして、おばあちゃんおじいちゃんも、よろこびました。うまれたところは、小田原です。なんで、日真里ってなまえは、たいようにあたるまっすぐな心をもちうそをつかないで、せいかつするといういみできめられました。たいじゅうは、わすれたけど、かわいかったと、おもいます。わたしだけ、「おっぱいのみたい」って、ないていました。すごく、かわいがられました。じっかにかえると、おふろは、おおなきしました。よるも、ちっちゃいベッドで、ねました。つぎの日、いもむしみたいに、ぐるぐるまきにされました。なにどしかというと、いのししどしになり、あと、なにざになったのかというと、水がめざになりました。いのししになるのは、やだったけど、しょうがないな、とおもいました。うまれたきせつは、冬です。すごくさむいじき、2月にうまれたから、いっぱい、ぐるぐるまきにされて、あったかかったです。2月1日にうまれました。