Rinコラム 『創造力が育つには?』2020年5月

こころと頭を同時に伸ばす 幼児期の子育て13

『創造力が育つには?』

 「まねっこするのは大歓迎」 。 花まるでは、アートのクラスのみならず、 年中 ・ 年長コースの思考実験でも、そう子どもたちに伝えます。 「おもしろいアイディアがあったら、(先生が教えた通りにこだわりすぎずに)試してもいい」し、逆に「いいなと思ったら、それをまねしてもいい」なぜなら「あなたというフィルターを通してできたものは、唯一で世界一のものだから」と。そういうと、ホッとした顔をする子が少なからずいます。
 
 「子どもの創造力を育みたい」 「オリジナリティを育てたい」 「自分だけのものを作ってほしい」 という親の願いを感じてしまい、「人の真似をしてはいけないのではないか」と思っている子どももいるな、と感じることがあります。が、実は、創造力を育てたいと思ったときに、 「真似をしてはいけない」という必要などないのです。 「真似ること」というのは、実はとても大切なことです。
 
 「創造は模倣から始まる」ということばがあります。 「すべての芸術は、自然美を模倣するところから始まった」 。 つまり我々は、先人の気づいてきた作品や業績を真似ることで深く知り、技術を学んできたのです。どんな分野でも優れたものを見て吸収し、それを真似ることから、創造はスタートします。その後はじめてオリジナル作品が生まれるのですから、子どもにはどんどん真似をさせてあげてください。 すごいな、と感じること、真似してみたいという気持ちでよく観察すること、そのこと自体が主体的な学びです。

 そうです。実際には、自主性がない人には、模倣性は生まれません。自らの主体性によって、素晴らしいと感じたものをまず模倣し、その後、子どもたちの自主性や主体性は、オリジナリティを創造しようとする創造性に向いていく。そしてさらに豊かな感性が磨かれていく。子どもたちを見ていていつも思うのは、主体的な学びが奪われない環境であれば、出来上がったものに
対して、思い上がった優越感ではなく、健全な誇りを持つものだ、ということです。つまりそれは、自分への自信です。
 
 そもそも人は、自分の存在に誇りを抱くことができると、仲間や優れた人たちに対して共感したり、感謝の感情を感じたりしやすくなり、安心して人を信頼し尊敬することができるようになります。 「これはすばらしい」と思うものを模倣することができるようになるのです。
 
 自ら創造的に生きていく時代に必要な力。創造力を育てることのおおもとにあるのは、子どもの中に「人を信じる力」を育てるということ。オリジナリティというのは、健全な自立です。十分な依存をし、人を信じる力は、感謝や尊敬の感情と結びつくものであり、そのことが本当の意味での「じゆうに、やりたいようにできる 自分=を信じる創造性」につながっていくからなのです。
 
Rin(井岡由実)